あなたは「スマホ」を持っていますか?
ここ数年、急激に普及したのが「iphone」と「android(アンドロイド)端末」です。

これらは「アプリ」と呼ばれる、便利なソフトウェアを使用できます。
プライベートはもちろん、ビジネスにも活用できるアプリが多く存在します。
しかし、利用者が年々増加しているのに対して、「開発者が少ない」というのが現状です。

そこで「アプリ開発」を副業とする人が増えています。
今回は、そんな「アプリ開発」の方法と収入について紹介していきましょう。

アプリ開発を副業にするには?

アプリ開発に必要なのは、「パソコン」と「プログラミング知識」です。情報処理と言われる分野で、「JAVA」や「C言語」と言ったプログラミング言語を使用し、アプリを作り上げていきます。

プログラミング知識は、学生時代に専攻しない限り、学ぶ機会はないですよね。そのため、「専門書」や「ウェブサイト」を参考に、1からプログラミングを学ぶ必要があります。

「iphone」のアプリを開発

準備が整ったら、「iphone」と「Andorid」どちらのスマホ向けアプリを開発するか決めます。

「android(アンドロイド)」の方が、プログラミングは簡単と言われています。
しかし、その分競争率が激しいので、開発したアプリをヒットさせるのは難しいでしょう。
それに対し、「iphoneアプリ」は開発者が少なく、「android(アンドロイド)アプリ」よりも開発が困難です。

そのため、「Andorid」よりも開発したアプリがヒットする可能性が高いです。
アプリ開発に興味がある方には、iphone アプリの開発をおすすめします。

アプリ開発のメリットデメリット

アプリ開発のメリットは、一度公開すれば何もしなくて良い点です。
アプリ利用者が、広告をクリックするだけで報酬が得られます。

そのため、アフィリエイトサイトのように頻繁に更新する必要もありません。
月収はピンからキリまでですが、個人で100万円以上稼いでいる開発者もいます。

デメリットは、やはり「難易度が高い」という点です。
プログラミングはもちろん、アルゴリズムなどの専門知識がなければいけません。
「理系分野」なので、数字が苦手な方は大変かもしれません。