近年、続々と登場する「ネット副業」その中でも、会社員(サラリーマン・OL)におすすめなのが「オークション転売」です。「オークション転売」は、「せどり」とも呼ばれています。帰宅後や休日を利用して副収入を稼げるため、本業が忙しい方からも人気です。
今回は、副業として「オークション転売」を行う際のポイントを紹介します。

まずは扱う「商品」を決める

「商品を安く仕入れて高く売る」が転売の鉄則です。最初に、何を売るのか決めておかなければなりません。
実際にオークション転売をしている方は、「趣味関連」の商品を扱っていることが多いですが、お金を稼ぎたいなら、ジャンルに関わらず「トレンド商品」の転売がおすすめ。

興味のある商品を扱うと「長続き」する

趣味もしくは興味のある商品を扱うと、副業が長続きしやすいです。知識があれば「商品の価値」を見抜けるため、効率よく稼げます。同時に、副業の時間が充実し、楽しく働けるでしょう。

仕事を楽しいと感じれば、自然と長続きするものです。そして、一定の収入を長期的に得ることにつながっていきます。初心者の方は、趣味や興味のある商品から始めてみましょう。

利益が生まれやすい「仕入れ先」を考える

転売するためには、「仕入れ」が必要です。できるだけ利益を生み出したいなら、売れるアイテムを安価で仕入れなければなりません。

仕入れ方法は、大きく分けて「店頭仕入れ」と「ネット仕入れ」の2つです。「店頭仕入れ」は、実際にお店へ行き、商品を購入します。「ネット仕入れ」は、通販やネットショップで商品を購入します。

店頭仕入れのメリットは、「商品以外の料金がかからない」という点です。しかし、住んでいる地域によって、必要な商品を安く仕入れられない場合もあります。特に首都圏は競争率が高く、ライバルが多いので、仕入れが大変です。

ネット仕入れのメリットは、「自宅に商品が届く」という点です。本業で忙しいサラリーマンやOLの方には、嬉しいポイントでしょう。しかし、商品の代金以外に「送料」が発生するため、赤字になりやすいです。

どちらもそれぞれメリットがありますが、オークション転売をしている人の多くが、「店頭仕入れ」を行っているようです。

「相場」をチェック

商品を仕入れる前に、必ずアイテムの相場をチェックしてください。インターネットでも簡単に調べられます。そして、利益が生まれると判断したうえで、商品を購入するようにしましょう。「新装開店セール」や「グランドオープンセール」は、商品の値段が相場以下になるケースが多いので狙い目です。