最近、「せどり」が副業としてブームになっています。あまり聞かないお仕事なので、儲からないと思っている方も多いでしょう。「せどり」とは、中古書店などで売っている商品を安く買取り、顧客に高く売る、転売のお仕事を指します。

ドラマ化もされた小説『ビブリア古書堂の事件手帖』では、せどり屋が登場していたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。もともとは、古書などの貴重な本を探しだし、高く売るという仕組みでした。しかし今では、新古書店などで安く売っている商品をネットで販売する方法が、主流となってきているようです。

また、取扱い商品も本だけでなく、CD・DVD、ゲームソフトなど、幅が広がっています。
今回は、そんな謎が多い「せどり」について説明していきましょう。

せどりの報酬

「せどりでいくら儲かるか」というのは、人によって金額に大きく差があります。副業としてせどりを行っている方もいれば、専業でやっている方もいるからです。コツコツとせどりを続け、月収10万円稼いでいる人もいますし、ヒット商品に当たり、一気に月収数千万円になった人もいます。せどりは、工夫次第で儲かるということですね。

せどりの作業時間

空いた時間を利用して商品の仕入れをすればいいので、作業時間は調整できます。会社が休みの日に活動するだけでも、せどりで稼げるのです。そのため、せどりに費やす時間は、他の副業に比べて少ないと言えます。

  • 儲けるにはどの商品がいいのか
  • 高く転売できるアイテムはどれか
  • 商品を安く購入できるお店はどこか
  • アイテムが安く購入できる時期はいつか

上記のように、常に情報収集していれば、さらに作業時間を短縮できるでしょう。

せどりのノウハウ

安く仕入れて高く売ると言っても、人が欲しがるものでなければ売れません。「売れ筋」や「流行」を知る必要があります。昔なら、目利きしかできない商売でした。しかし現在は、ネットで売れ筋商品や流行をリサーチできたり、商品の市場価格が調べられるツールを使えば、情報が手に入ります。

「転売」もしくは「せどり」を始めるなら、最初は自分の興味があるものにしましょう。そうすれば、商品に関する情報収集も苦になりません。

仕入れ・販売

「転売」「せどり」のデメリットと言えば、最初に仕入れの費用がかかること。商品はできるだけ安く仕入れるのを心掛け、費用の基準を設定しておきましょう。そうすることで、リスクを抑えることができます。

販売は、オークションサイトや通販サイトの利用がおすすめです。わざわざ専用ウェブサイトを設立したり、ブログを作る必要はありません。

商品の発送

意外と時間がかかるのが、発送手続きです。商品の梱包→宛名書き→宅配業者へ依頼を行わなければいけません。こうした発送手続きが苦手な方は、「転売」「せどり」は避けましょう。

せどりは、仕入れ・販売の仕方を少し工夫すれば、儲けられるお仕事です。また、商品の種類や仕入れる金額で、せどりのセンスや才覚が表れます。せどりに関してまったく知識がない初心者は、利益を生み出す方法、せどりの仕組みなど、ノウハウが学べるセミナーへの参加をおすすめします。儲からないと悩んでいる方は、せどりの情報サイトを参考にすると良いでしょう。

お店経営の体験もできる「転売」「せどり」。仕入れ・販売・発送のプロセスが苦にならない方には、おすすめな副業です。