本業の傍らでお金を稼げる副業と言えば、「FX」や「株式投資」が人気です。どちらも「資産運用」に該当しますが、「ギャンブル」に近いと主張する人も少なくありません。こうした誤解が生まれるのは、「FX」「株式投資」の正しい知識がないからです。まずは、「FX」「株式投資」がどういうものか学んでいきましょう。

資産運用を始めるには「勉強」が必要

テレビで取り上げられている「円高」「円安」について、答えられますか?現時点で知らなくても問題ありませんが、副業として資産運用をするには、金融や経済に関する勉強が必要になります。

FXや株式投資の場合、聞き慣れない専門用語が飛び交っています。言葉の意味が分からないと、資産運用で稼げません。資産運用を始める前に、最低でも3ヶ月は勉強しましょう。失敗しない為にも、専門用語やお金の流れが読めるようになってから始めてください。

FXについて

FXは、「外国為替取引」を指します。「外貨」を売買することで、利益を生み出します。
例えば、「1ドル100円」でアメリカドルを購入した場合、「1ドル110円」になった段階で売り払うと「10円の利益」が生まれます。

たかが10円と思うかもしれませんが、「1ドル」を「1万ドル」で計算すると、「10万円の利益」になります。「10円の利益」でも、購入額を上げれば、かなりの利益を生むことができるのです。FXは株式投資と異なり、「数千円」の元手で始められます。だからこそ、サラリーマンや主婦の副業として人気が高いのです。

初心者からすると、難しく感じるかもしれませんが、仕組みさえ理解すれば簡単に始められます。資産運用が初めての方は、FXがおすすめです。

株式投資について

株式投資は、一般企業が発行している「株券」を売買して利益を生み出す資産運用です。FXに比べて元手が多く必要になりますが、運用の仕方によっては、倍以上の利益になるため、幅広い世代が株式投資を行っています。

仕組みとしては、将来性の高い企業の株券を購入し、実際に株価が上がった時点で売り払い、その差額が利益となります。特定の株券を持っていると、「株主優待」というサービスも受けられます。副業として始めるには、少しハードルが高く感じますが、株式投資で大きな利益を手に入れ、独立した方も珍しくありません。

興味のある方は、一度チャレンジしてみはいかがでしょう。