主婦や独身女性の間で、「ファイナンシャルプランナー」が注目されています。この資格を摂ると「お金のプロフェッショナル」になることができ、金融や不動産、保険業界への就職が有利になるといわれています。実際の試験の種類や難易度はどのようなものなのでしょう?

「ファイナンシャルプランナー」なにをする人?

ファイナンシャルプランナー(通称FP)は、直訳すると「お金の計画を立てる人」という意味です。つまり、お客様に対し、お金に関するありとあらゆるアドバイスを行う人のこと。
税金、家や車のローン、子どもの教育資金、年金や保険、遺産相続などなど…人生は、さまざまなシーンでお金が大きくかかわってきます。ファイナンシャルプランナーは、それらに関する専門知識を持ち、資金計画のアドバイスを行える人ということです。
ファイナンシャルプランナーが具体的に行うことは、主に次のようなものです。
・依頼者のライフプランの作成
・保険の選び方
・老後資金対策
・不動産や遺産相続に関すること
・税金の控除を受ける方法&算出方法

ファイナンシャルプランナーの資格があるとなにができるの?

ファイナンシャルプランナーの知識は、仕事にも家庭にも生きてきます。

就職が有利に

ファイナンシャルプランナーは、お金に関する知識に精通しているため、金融機関や不動産業、保険会社への就職が非常に有利になります。また就職後も、自分が持っている知識から、お客様に的確な提案やアドバイスを行えます。

自分の人生設計に生かせる

フィナンシャルプランナーの素晴らしい点は、仮に仕事をしなかったとしても、お金に関する知識がそのまま家庭で生きてくるところです。これまで全く知らなかった税金の控除額や保険の良し悪しなどがわかるようになります。人生に必要な資金やそれに対する対策法も把握できますので、豊かで綿密な人生計画が立てられます。

ファイナンシャルプランナーの資格取得は難しい?

まず、ファイナンシャルプランナーには、国家資格と民間資格の2種類があります。
・国家資格
「ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)」と呼ばれる資格で、3級〜1級までがあります。
・民間資格
日本FP協会が認定する資格で、次の2種類があります。
AFP(FP技能士2級と同等)
CFP(FP技能士1級と同等)

【参考】日本FP協会

民間資格は、取得と資格維持が国家資格より難しい

「AFP」「CEP」は、2年ごとに資格の更新が必要で、継続教育が義務付けられています。また、この2つはFP技能士以上に実践的な知識を要求されます。
資格を取得すると会費も支払わなければならず、常に学び続ける必要があります。このようにさまざまな負担がかかってくるため、初めての方は、国家試験から取得していくことをおすすめします。

国家資格の難易度は?

難易度は、級が上がるごとに高くなります。

FP技能士3級

合格率はおよそ70%。初心者の人でも比較的取りやすいといわれています。
出題形式:マークシート方式による筆記試験(三答択一)
合格ライン:60点満点で36点以上
※学科と実技試験両方合格することが必要

FP技能士2級

合格率は、30〜50%。頑張って勉強すれば可能性が高くなります。
出題形式:マークシート方式による筆記試験(四答択一)
合格ライン:60点満点で36点以上
※学科と実技試験両方合格することが必要
また、2級を受ける場合は、次のどちらかの条件が必要になってきます。
・FP技能士3級を取得している
・2年以上FP業務に携わった実務経験を持っている

FP技能士1級

合格率は、10%前後。2級と比べると、かなり難易度が高くなります。
出題形式:マークシート方式による筆記試験(基礎編と応用編に分かれる)
合格ライン:200点満点で120点以上
また、1級を受ける場合は、次の条件が必要です。
・FP技能士2級を取得していて、かつ1年以上のFP業務経験を持っている
「ファイナンシャルプランナー」の資格は、個人的にも社会的にも持っていて損がありません。最初は、国家試験であるFP技能士3級から挑戦しましょう。仕事として活かしたい方は、そこから実務経験を積み重ね、ステップアップしていくとスムーズです。