「収入アップしたい!」「将来のために貯金を増やしたい!」「今よりもいい生活をしたい!」この不況では、なかなか本業のお給料が上がらないのが現状です。そうすると、家でできる仕事を考える人が多いのではないでしょうか。

ある調査では、会社員の約半数が在宅ワークを行っているという結果も報告されています。副業を許可している企業も増えてきているので、人気なのかもしれませんね。

インターネットで「家で出来る仕事」を検索すると、家でできる仕事の求人情報や副業の成功談など、多くのサイトで紹介されています。しかし、本業と家でできる仕事の両立が難しく、せっかく始めた副業を数か月で断念してしまう方が多いというデータもあるようです。

今回は、本業と家でできる仕事を賢く両立する方法について紹介していきましょう。

就業規則の確認

家でできる仕事を始める前に、本業の就業規則をしっかり確認しておきましょう。副業を認めている会社は増えていますが、本業に支障がでる場合を考えて禁止している会社もあるからです。会社に副業がバレた場合、解雇の対象になってしまいます。

家でできる仕事OKの会社でも、職場の人に副業についてあまり話さない方が良いです。本業以外で安定した収入があるということで、変な噂や嫉妬を生む可能性があります。家でできる仕事で成功し、高収入を得ているとしても、本業と同時進行で続けていくなら、会社では副業に関して口にしないようにしましょう。

スケジュールを立てる

本業と副業を両立する上で大切なのが、スケジュールを立てることです。1日24時間しかありません。睡眠時間を削り、本業の能率が落ちてしまう状態だと長続きしません。スケジュールを組む際には、本業の就業時間と睡眠時間を計算しておきましょう。

家事などもしなければいけませんから、生活する為に必要な時間を引き、残った時間を家でできる仕事にあてましょう。自分のライフスタイルに合わせ、本業と家でできる仕事の両立をするのが理想的ですね。

目標を明確に決める

「本業だけでは満足できないから副業しよう!」と、家でできる仕事を始めた経験がある方たちにアンケートしたところ、ほとんどが数か月で辞めてしまったという結果でした。

辞めてしまった理由は何でしょうか?それは、目標を決めずに、家でできる仕事を始めてしまったからです。目標と言っても「収入やお小遣いを増やしたい」なんて漠然とした内容では意味がありません。

副業を始めるのは簡単で、求人サイトに登録して仕事をする人がほとんどです。しかし仕事によっては、初心者でも基本的な技術やレベルを求められる場合があります。「もっと簡単だと思っていたのに・・・」と、やる気がなくなってしまいますよね。しかも、慣れるまではかなり大変です。

そんな思いをしても、時給に換算すると、高校生のアルバイト代にも満たないこともあるのです。さらに、家で出来る仕事は地味な作業が多いので、毎日コツコツ行う必要があります。目標がないと、モチベーションをキープするのは難しいでしょう。ですので、目標を明確に決めて、家でできる仕事を始めるのが大切なのです。

家でできる仕事も、お仕事であることは変わりません。何のために副業をするのか、一度じっくり自分自身と向き合ってみましょう。自分に合った家で出来る仕事が見つかるといいですね。

家でできる仕事を始める前に

給与明細や預金残高を見て、悲しくなる方は大勢いるでしょう。そして家でできる仕事を始めようと決断するかもしれません。そんな方のために、家でできる仕事を始める前のポイントを確認していきましょう。

まず、「責任を持って仕事をすること」は必要不可欠です。家でできる仕事に慣れるまでは、普通のアルバイト以下の報酬になることもあります。それでも、きちんと仕事をしなければいけません。

家でできる仕事を始める前に、本業との両立をシミュレーションしておきましょう。

  • 本業の仕事がある日はどのくらい作業ができそうか
  • 休日は副業の仕事をする時間をどのくらい確保できるか

など、細かくチェックしておくことが大切です。

そして、「税金」に関する情報を調べておきましょう。専業主婦の収入がある一定額を超えると、旦那さんの扶養から外され、税金が高くなる場合があります。会社員の方でも、副収入の金額によって、個人で確定申告が必要になることもあるので、家でできる仕事を始める前に知識を身に付けましょう。