家でできる仕事としてGoogle Adsenseをすると、運がないと大儲けすることはないと言われています。月に何十万も稼いでいる人はいますが、稼ぎ続けることは簡単ではありません。もちろんアフィリエイトやドロップシッピングでも「高収入の人」「低収入の人」がいますから、そういうことなのかというと、そうでもありません。

ほんとに「偶然性」が大きなものなのです。でも「なぜか何十万も稼いでしまった」という宝くじ的なこともありますので、これは副業のツールとして持っていても損はありません。

Google Adsenseを家でできる仕事として始めたいとき、まず最初の問題は「グーグル」に申込みをして、サイト審査に通過するか否かという点です。

Google Adsenseは、求人誌に載っているような家でできる仕事とは異なります。そのため審査で落とされてしまう場合が多くあります。高収入を得られるかの悩む前に「審査」を通過しないと話しにならないわけです。絶対に通過させたいですよね。

通過のポイントとしては、Google Adsenseのポリシーに沿ったサイト作りを行うことです。コンテンツが充実していて、サイトとしての骨格がしっかりしている必要があります。どんなテーマのサイトなのかわかりやすいということも大切でしょう。

審査に落ちる人が多いので、対策をおおげさに書いているサイトなどもありますが、そこまで神経質になる必要はありません。Google Adsenseのポリシーも「公序良俗に反しないこと」という程度ですし、人に見せるサイトとして誠意のあるサイトが求められているのです。

ただしGoogle Adsenseは、1クリックの単価がサイトによって違います。その広告で高収入を得られるか変わってくるのです。クリック単価の高い広告が表示されやすいサイトと、そうでないサイトがあります。これはサイトの質ではなく、単価の高い広告が表示されやすいキーワードをテーマとしたサイトを作っているかです。

キーワードの探し方は、グーグルアドワーズのお見積計算ツールで調べられます。クリック単価が高いジャンルがそれでわかれば、そのテーマに沿ったサイトを作ればいいのです。

情報はできるだけ個性がある内容にしましょう。ネット上には同じような内容のサイトばかり転がっています。飽き飽きしているユーザーも多いです。自分にメリットのないサイトに何度も訪問することはありません。家でできる仕事として成功させたいのなら、その点も踏まえた上でサイト作りをすると高収入につながるでしょう。