ドロップシッピングとは、ネットショップの形態の一つです。商品の在庫を持たず、商品の販売だけを行い、商品が売れたらメーカーや卸売業者などから商品を購入した方へ直送する仕組みになっています。

ドロップシッピングは在庫を持たないのでリスクがとても少ないですが、その分利益率も少なめです。そのため儲からないと言われることが多いです。しかし、自宅でインターネットの環境とパソコンがあればネットショップよりも簡単に始めることができますし、工夫次第で稼ぐことができます。

個人でメーカーや卸売業者と契約をしてドロップシッピングを行う方法もありますが、個人ではなかなか簡単に契約はできません。今は、無料でドロップシッピングを簡単に始められるサイトがありますので、それらを利用して副業としてスタートする方が多いと言われています。

ドロップシッピングの主な作業

ホームページやブログなどで商品を紹介していくことが主な作業です。
ドロップシッピングのサイトを利用すると簡単にスタートできる分、ライバルも多く、おなじ商品を色々な人が紹介しています。そのため、自分のホームページやブログなどにどれだけ多くの人を集客し、興味をもってもらい、購入につなげるかが一番重要になります。何かが欠けてしまえば、儲からないで終わってしまいます。

集客方法

代表的な方法として、SEOとよばれる検索エンジン経由での方法、検索エンジンの広告(PPC広告)からの方法、ブログ経由の集客方法があります。

これらの集客方法にはそれぞれの基礎知識が必要になります。それぞれの利点や特徴を生かし、正しい方法で集客をしないと赤字になる危険性があります。

また、これらの集客方法には「キーワード」と言われているものが必ずセットになります。キーワードがあやふやなままでは集客が難しくなり、仮に集客ができたとしても商品は売れないので、キーワードの理解は必須です。

出勤時間

在宅なので出社する必要がありません。自分の空いている時間に自由に運営に取り組むことができます。

時給と月給

商品が売れなければ1円にもなりませんが、中には月商で300万円を超える人もいるようです。
「がんばってるのに儲からない・・・」と落ち込まず、どんどん新しい方法を考えていくことが大事です。