最近では、在宅で英語の翻訳業務の委託を受けられるようになっています。洋書を読むことや、英語文法が得意な方に最適な在宅ワークです。英語翻訳の相場は、種類によって決められています。

完全な出来高制だと、原稿用紙1枚あたりの単価で決まることもあります。その場合、早いスピードで正確に翻訳するほど稼げます。しかし、最初は知らない単語もたくさん出てくるでしょう。在宅で英語翻訳の仕事をするなら、予め勉強しておくことが必要です。

また、別の報酬制度で、言語カウント制というものがあります。この場合は、翻訳対象の単語数で翻訳料金が決まります。単語数が多ければ多いほど稼げる、という仕組みです。

英語翻訳の仕事探しをする際は、相場や報酬についてしっかりと考えておきましょう。最初は、簡単な翻訳のお仕事をしながら、専門的な単語や言い回しを勉強していくと良いかもしれません。ただし、在宅のお仕事だからと言って、簡単というわけではないので注意してください。