本業の給料で満足している人は、あまりいないようです。不景気の影響もあり、収入アップを望んでいる人の方が多いでしょう。しかし、現在の経済状況で、昇給は期待できませんよね。そんなときこそ、自宅でできる仕事や稼げる副業の存在が大きくなるのです。

最近では、自宅でできる仕事探しの手助けとなる、クラウドソーシングサイトも増えてきました。

クラウドソーシングは、アウトソーシングと呼ばれている外注のお仕事をまとめ、不特定多数の人にお仕事を提供するシステムです。この中でも、作業量に比べて高収入になると噂の「ネーミング」が人気なようです。

「ネーミング」とは、企業から出された一定のテーマに従い、タイトルやキャッチコピーを考える自宅でできる仕事です。コンペ型のため、応募しても必ず選ばれるわけではなく、多くの応募者の中から企業が抽選で選ぶ方式になっています。

運任せのお仕事と言えますが、当選した際は、かなり高収入となります。報酬は、平均で2~3万円です。1ヶ月で数回当選すれば、ネーミングの収入だけで10万円稼げるでしょう。

この仕事は、懸賞の感覚に近いですが、一つの案件に応募者は200~300人。実際の懸賞だと数千人規模が当たり前なので、ネーミング副業の当選確率は高いと言えます。自宅でできる仕事をお探しなら、ネーミングで稼いでみてはいかがでしょうか。