得意なことを活かせる仕事は、たくさんあります。その中のひとつ「スキーインストラクター」は、人気があるようです。今回は、「スキーインストラクター」のお仕事について紹介していきましょう。

スキーインストラクターの仕事内容

スキー場に来たお客様に、指導員としてスキーを教えることが仕事になります。スキー教室は、初心者教室から上級者教室まで、いくつかのレベルに分かれています。

初心者教室は、アルバイトとして働いている方が担当し、上級者教室になると、インストラクターの資格を持った方が担当するようです。また、インストラクターとしてまだ仕事に慣れていない場合も、アシスタントをしながら仕事を覚えていくこともできます。

スキーインストラクターは資格やスキルが必要?

必ず資格を持っていることが、条件というわけではありません。しかし、日本スキー連盟や日本職業スキー教師協会などの資格を持っているのが、採用の目安になる場合もあるようです。

資格によって、その人の技術レベルを判断しやすくなるので、資格を持っていた方が仕事に就きやすいでしょう。また、資格やスキルによって、報酬にも違いがあります。

スキーインストラクターの報酬

資格(2級もしくはシルバー)を持っている場合、1日あたり約5,000円が相場です。もっと上の資格を持っている方は、さらに報酬はアップします。また、スキーインストラクターは、寝泊りする環境が整えられています。報酬の中に、宿泊費や3食の食事も含まれている場合がほとんどです。

ただ、スキー場はシーズン時期以外、閉鎖されます。そのため、スキーインストラクターは、期間限定のお仕事です。

スキーインストラクターの勤務時間

勤務時間は、スキー場が何時から営業するかによって違ってきます。一般的には、8:00~17:00(実働5時間程度)が多いようです。