自分の収入は知っていても、世間の平均的な年収が一体どれくらいなのかを改めて知る機会はなかなかありません。一般的な日本人の家庭は、どれくらいのお金で幸せな暮らしをおくれるのでしょうか?

20から30代男性の平均年収とは?

国税庁が行った調査によると、平成26年の20〜30代男性の平均年収は、次のとおりです。
20代前半の男性:265万円
20代後半の男性:371万円
20代男性の平均年収は318万円
30代前半の男性:438万円
30代後半の男性:499万円
30代男性の平均年収は468万円
総合すると、20〜30代男性の平均年収はおよそ393万円になります。もちろん、働いている業種や企業よって人それぞれですが、だいたい400万円が一般的な平均年収と考えていいでしょう。

1世帯あたりの平均所得とは?

では、1世帯あたりでは、平均どれくらい年間所得があるのでしょう?厚生労働省による「国民生活基礎調査」によると、次のような結果がでています。
1世帯当たりの平均:およそ530万円
18歳以下の子どもや65歳以上のお年寄りがいる世帯の平均:およそ700万円
しかし、このうち29・7%の人が「生活が大変苦しい」と答え、32.7%の人が「やや苦しい」と答えています。つまり、67.4%が「500〜700万円の収入で生活するのは大変だ」と感じていることになります。

共働きの夫婦が幸せに暮らすためにはどのくらいの世帯収入が必要か?

500〜700万円の年収では生活が大変と考えると、世帯収入でが800万円あれば「お金に困ることなく、つつましくも幸せに暮らすことができる」といえそうです。ちなみに、年収800万円の男性は、日本の人口の4%しかいません。
男性の収入にだけ頼る時代は終わりました。20〜30代の男性の平均年収は350万円ですので、女性も同じように働いて年収350万円稼げば、年収800万円にあと少しで届きます。

インターネットなどの普及により、昔よりも「働き方」が多様化しています。それは、自分に合ったさまざまなスタイルで仕事を始めることが可能ということです。また、男女平等が謳われている現代、女性も社会に進出しやすくなっています。

妊娠や出産を経験しても仕事に復帰することができますし、育児休暇は男性でもとれるようになっています。このように女性が働きやすい環境が整っていますので、共働きで世帯収入を上げていく家庭が増えています。年収600万円以上の男性をみつけて結婚する時代は、もう過去です。これからは、女性も生き生きと社会にでて働き、夫婦が協力しあい、切磋琢磨しあいながら幸せな家庭を築いていく時代です。